2018年4月21日土曜日

筑波山二回登り後の総会とクライミング

右手でピンチグリップしているホールドの効きがよろしくない

筑波山から松山下公園総合体育館へ向かう際に、ネックとなるのは利根川を渡る栄橋の渋滞である
栄橋の手前100mほどで交通事故があって松山下公園総合体育館に到着したのは18時25分

印西市フリークライミング協会の総会が始まるのは18時30分 ぎりぎりセーフ
総会前に体育館のシャワールームを利用したかったが断念
総会ではほとんどのメンバーが集まって滞りなく終わった

19時からは通常の定例練習会がスタート

満開のニリンソウが迎えてくれた筑波山


3時半起床、4時出発の計画だったが大失態
目覚まし時計のセットを忘れ起床したのが5時で出発したのが5時半
仕方がありません

「つくし湖」から歩き始めたのは7時32分
二往復の為には6時に歩き始める必要があるが1時間半遅れの出発になった
それでも可能性を求めて休憩なしで往復したが400m地点まで下ったところで幸子さんがギブアップ
先週と同じように幸子さんには430mの林道横断地点まで登り返してもらい車を回送した

幸子さんをピックアップして「つくし湖」の湖畔で鍋焼きうどんを作り食べた
食後はモンサンミッシェル修道院のクッキーをコーヒーと一緒にいただいた
さてこの後どうするか・・・
幸子さんに希望を問うと、つくし湖から途中まで登って引き返してもいいのでは?
という提案があった
なるほど、まだ登る意欲があることがわかった

2018年4月20日金曜日

気温26度となった夜の印西は蛙の大合唱


今日は印西市フリークライミング協会の定例練習会の日ではなかったが、数日前に個人利用が可能であることが判明し、幸子さんと行った
火曜日の習志野から始まって、四日連続のクライミングとなる

車を降りて体育館の正面玄関へ向かっていると蛙の大合唱が聞こえる

17時40分にアリーナに入る
先客が三人
目次さんと矢島さんと女性がもう一人

さっそくロープを結んでトライを始めた

2018年4月19日木曜日

今季初めてのアロハシャツの印西

右壁紺四角のレッドポイント

まだ四月だが「さつき晴れ」という表現が当てはまるような、暑くもなく寒くもない本当に爽やかな一日だった

本日の印西はいつものメンバーに目次さんも加わってにぎやかだった

砂田の5.11dのオンサイトトライは最後の一手でならなかったが、無理のない安定したムーブの連続でさすがという感がある

幸子さんは左壁紺四角を二本
いずれも2テンションでトップアウト
前傾壁へ入るまでの薄被りのパートで消耗してしまい、大きく前傾する部分へ入った段階でホールドを保持する余力が残っていないという

私は右壁紺四角のレッドポイントにかろうじて成功

2018年4月18日水曜日

個人利用の印西で幸子さんと二人っきり

体育館の正面玄関へ向かう幸子さん

朝の雨は昼頃にはかなり強い雨脚となった
帰宅時刻頃にはやむのかなぁ?と心配になるほどの雨だった
それでも天気予報の通り、私がオフィスを出る15時半には雨はあがったが肌寒いほどの気温だ

今日は印西の団体利用がなく、個人利用ができるので幸子さんといくつもりだ

16時50分に帰宅し、夕食もとらず印西へ向かった
印西の松山下公園総合体育館の駐車場に到着したのは17時25分
受付で手続きをしてクライミング倉庫のキーを受け取ってアリーナに入った
すぐに秋山さんが私たちに気が付いて昨日の午前中のクライミングの話などをした

少しおなかが空いていたのでブラックサンダーを一つ食べて17時45分頃から二人っきりでクライミングを始めた

2018年4月17日火曜日

高校時代の部活動のメンバーのようになりつつあります


今日は東京では雨が降るという予報だったが、日本気象協会によると千葉市内で雨になるのは夜遅くという予報になっていた

結局、就業後に外に出てみるとそこそこ強い雨が降っていた
四街道駅も傘をささずに歩くことはできないような雨だったので市内循環バスに乗ることにしてバス停で待っているうちに雨はやんだ そのままバスに乗って家路についた

17時に自宅に到着し、しばらくして幸子さんも帰宅した
幸子さんが作ってくれた夕食をいただいて習志野へ向かった

2018年4月16日月曜日

束の間の晴れ間にファインダーがとらえた花


土日と天気が悪かったが月曜日は持ち直すという
ところが翌火曜日から再び雨模様と報じられている
そこで例のごとくカメラを持って通勤し、いくつかの花を撮影した
どれも美しい

2018年4月15日日曜日

強風が吹き荒れた日曜日の夜の印西


今日は天気予報の通り未明から強い風雨となった
特に風が強く国道16号の横戸交差点にある「にんたまラーメン」の看板が吹き飛んだとNHKのニュースで報じられた
雨がことさら強いわけではなかったので筑波山に登れないわけでもなかったが、来週に取っておこう
きっと来週はニリンソウが満開になっているだろうから

さて、今日は印西の練習日
16時半から散髪に行ったが、めちゃ混みで散髪が終わったのが17時50分
大急ぎで帰宅したところ幸子さんは出発スタンバイで、私の分の夕食が食卓に並べられていた 夕食の半分だけを食べて18時15分に出発

日曜日のこの時間帯は16号がすいているのでスムーズに走り、にんたまラーメンの看板が落ちているのを横に見ながら運転し18時45分に松山下公園総合体育館に到着した

アリーナに入ってみると中村さんが待っていた
やがて砂田や岩崎を始めとしていつものメンバーが少しずつ集まり12名

2018年4月14日土曜日

筑波山から習志野へ


二往復する計画だった筑波山が一往復となった為、早い時間に帰宅することができた
ゆっくり風呂に入って汗を流し、幸子さんが作ってくれた軽い夕食を摂った

幸子さんの体調も平常に戻ったようなので、18時10分に自宅を出て習志野へ向かった
小雨模様でワイパーを使う

天戸台交差点までも渋滞していたが、その先も渋滞していた 習志野に到着したのは18時57分 9㎞に47分かかった

習志野に集まったのはいつものメンバーだったが砂田の姿がなかった
砂田はどうした?とマッチや大樹さんに問うと「今日は海浜幕張のグリーンアローに行っていたようですよ」とのこと

“山笑う” 筑波山


今年のゴールデンウイークは二つに分離している
前半は三日間で後半は四日間
後半の四日間はガイドの仕事が入っているが前半の三日間は空白である

そこで空白の前半の三日間は幸子さんをガイドして北アルプスのバリエーションルートに行ってもいいかなと思っていた

このような時の体力養成にうってつけなのが「つくし湖からの筑波山往復」である
このコースは標高差820mあり、標準的なコースタイムは3時間半
前半は筑波山のすそ野を登るので勾配が緩くなかなか高度を稼げない
ところが標高430mで交差する林道を境に傾斜は一変して強くなり、このコースの名物となっている長い階段が登場するタフなルートである