2017年2月20日月曜日

ギアのメンテナンスと体の休養日


先月末に沼田山岳会のお世話になったときにAGS-J副会長の森さんのアイススクリューの効きの良いのに感動した
リードしているときに片手でスクリューを半回転しただけで氷に食い込んでいく
森さんの話によるとスクリューの刃先の研磨から始まりスクリューのパイプ内部までもコンパウンドで鏡面仕上げを行うという
こうすることによりスクリューパイプ内の氷の抜けが良くなることは十分に納得できる話である
スクリューの刃先の研磨は難しいノウハウがありそうなので、改めて森さんに教えを乞うことにして今日はアックスのピックのメンテナンスを行った

2017年2月19日日曜日

印西赤バーのレッドポイント


今日は忙しい一日だった
午前中はカトリック西千葉教会で当番の集まりがあってミサの後に当番みんなで弁当を食べた
出された弁当は万葉軒のもので「雑穀美食弁当」と包み紙に書かれている
万葉軒といえば昔から千葉駅構内で立ち食いそば店として永く営業していた
小学生の頃に母が千葉へ買い物に行くときに荷物運び役として付いていくことがあった
そんな時「立そばを食べさせてくれる?」と聞くのが常だった
当時「かけそば」が30円、「天ぷらそば」が40円
天ぷらそばというのはかき揚げそばのことでカリカリ、サクサクのかき揚げは当時の母の手料理では味わうことのできないもので、おさなごごろに感動していたのである
大抵は「天ぷらそば」を二杯食べていた

2017年2月18日土曜日

この週末もアイスクライミング


昨日は関東地方でも春一番が吹いたと報じられ、気温は20度にまで達した
氷柱の発達には水分の補給も必要だけれども氷柱が崩壊してしまっては元も子もない
大丈夫かいな?
そんな懸念を持ちながら昨日、金曜日の夜にいつもの通り息子の運転で群馬のアイスクライミングエリアへ向かった
目的地は霧積
車から徒歩3分というアプローチが最高の魅力で今季三回目の訪問になる

2017年2月16日木曜日

九州では春一番?という夜の印西クライミング


ニュースでは九州北部で春一番が吹いたと報じている
朝はそこそこ寒かったし、関東地方は暖かいとまでは言えないような陽気だった
出勤時にアウトランダーのコンソールにABSに関する警告が表示されたので、今夜予定していた印西クライミングや明日の夕方出発予定のアイスクライミングは中止にして修理に出そうかと思っていたが、帰宅してみると警告は消えており、車の調子も普段と変わらない 一時的な誤動作だったようだ
そこで、予定通り親子三人で印西へインドアクライミングに出かけた

2017年2月15日水曜日

個人利用の印西で親子三人でクライミング


今朝の自宅の庭の気温は氷点下3度
天気予報によれば日中は気温が上昇し14度になると予報している
今日は印西の個人利用で19時から登ろうという提案がSNSであった
もともと息子と妻で今夜は個人利用で印西で登ろうと考えていたのでありがたい話だ

2017年2月14日火曜日

バレンタインデーに病み上がりの息子を誘って印西へLet's Go Climbing!

息子

今日も寒く感じた一日だった
出勤時の自宅の庭の温度計は氷点下2度なので気温としてはさほどでもない感じだが風が冷たい
昨日の朝から鼻水が止まらず、皆から「花粉症」ではないかと言われるが、風邪をひいたのだと思う
息子も水曜日に行った越沢バットレスで風邪をひいたとのことで昨日まで寝込んでいた
そんな病み上がりの息子を誘って親子三人で今夜も印西へLet's go climbing!

2017年2月11日土曜日

早春の扇山スノーハイク

撮影:松嶋 紘臣



定年退職してそろそろ1年が経過する
定年再雇用で働いているとは言え時短勤務で15時半にはフリーになるからクライミングを中心とした生活をおくれるようになった
そんな私をかつての職場のメンバーが定期的にハイキングに誘ってくれる
つくづく幸せなことだと思う
そんなお誘いのハイキングが実施された今日
場所は中央線沿線のメジャーコース扇山
昨日夕方に予約していたタクシー会社から連絡があって「雪が強く降っていて明日の朝に車を出せない」との連絡があった
どうやらそれなりの積雪があるようだ

2017年2月9日木曜日

雪模様の印西 私たちのクライミング


朝起きると雪模様
車のフロントグラスとボンネットに雪が薄っすらと積もっていた
雪は時にみぞれ混じりになりながら夜になっても続いた
今日は印西の練習日
雪が降る中を妻と印西へ向かった

今夜も砂田、岩崎と楽しく登る
以下は妻と私の三連続ショット

2017年2月8日水曜日

習志野インドア&母の白内障&BOSCH


今日も寒かった
朝5時に起きると息子がリビングでクライミングの支度をしている 始発電車で越沢バットレスへ行くという 真っ暗なうちに出て行った
7時半、朝の外気温は3度だったから本当は冷え込んではいないのだが、北風が強く寒さを感じるのだろう
出勤途中でイオンへ寄り道をしてガム、のど飴、ふりかけを購入した
社員食堂では週替わりのじゃこおろし丼が今週はないので麦飯にふりかけをかけて食べた
15時半に終業し、帰宅

2017年2月7日火曜日

北風で冷え込んだ夜、私は会議で代々木 妻は一人で習志野


今日は冷たい北風が吹き、朝から寒かった
そして夜は更に冷え込んだ
私はAGS-Jの理事会で代々木オリンピックセンターへ向かった
行ってみると同じ階で都岳連も集まっているようだ
20時に理事会は終わり20時42分東京発の佐倉行きに間に合った
錦糸町のクライミングジムへ通っていたころによく利用していた快速電車だ

2017年2月5日日曜日

散髪・ヨシキスポーツ・習志野インドアクライミング




昨夜アイスクライミングから帰ってきて十分に睡眠をとることができた
8時頃まで布団の中で幸せなひと時を過ごした

10時半過ぎになって散髪へ行く
天気が良いので床屋は激混みで1時間以上待った
床屋から外に出るとすでに12時に近く、小雨が降っていた

午後からホームセンターなどでぶらぶらし、夕方になってからヨシキスポーツへ行く
久しぶりに青木さんと話をすることができた
ヨシキスポーツではスキーのシールを購入
そしてヨシキスポーツから習志野へ直行

2017年2月4日土曜日

極道仲間とのアイスクライミング

相沢奥壁大氷柱は50mロープフルサイズ


この週末は久しぶりに日光の雲龍か足尾にでも行きたいなと思って、極道仲間に問い合わせたところ今週は群馬へ行くという
極道仲間とはこの4年間にわたって土橋さんの捜索でチームを組んで活動してきた
捜索活動を通じて絆はいっそう深くなった

極道仲間の尾崎さんと藤枝さんの計画は荒船山の相沢奥壁
大氷柱とエイプリルフールを登るという
この界隈に慣れている二人に便乗することにして昨夜金曜日に妻と自宅を出た

2017年1月31日火曜日

1月最終日の習志野クライミング



ここのところ千葉岳連やAGS-Jの行事、あるいはアイスクライミングと忙しかった
特にアイスクライミングは実施期間がとても短いので、これを最優先して三週連続で通った
暖冬続きなので関東周辺のアイスクライミングエリアは2月中旬が限界かもしれない
そう思うと毎週のごとくアイスクライミングに行きたくなる

さて、今日は習志野の練習会
一週間ぶりのインドアクライミング
久しぶりに妻と息子と三人で登った

2017年1月29日日曜日

2年ぶりに沼田山岳会で草鞋を脱ぐ


この土日は赤城山の北麓を拠点にする沼田山岳会のお世話になってアイスクライミングだった

名月赤城山は私の好きな歌の一つだ
沼田山岳会はさながら国定一家にも似てクライミング任侠道を追及している老舗山岳会である
AGS-J副会長の森さんが沼田山岳会の特別会員という縁で、私も一昨年から草鞋を脱ぐようになった

2017年1月26日木曜日

千葉岳連OB会 新年の集い


千葉岳連OB会の新年の集いがあった
宇野さんがいないのはさみしい限りだが、盛さんや金澤さんなど懐かしい顔に出会えるので楽しみにして参加した
場所はいつもの京成津田沼駅近くの「たかまる」
植草さんの企画で今回は前穂東壁の厳冬期初登メンバーの一人である小林さんのスピーチを拝聴することができた

2017年1月24日火曜日

寒い! 習志野への行き帰りで震えあがりました


今朝の気温は氷点下4.2度
ところが氷点下7.3度を記録した先週月曜日よりも今朝の方が寒く感じる
理由は風だろう
出勤時も寒かったし、帰りも寒かった
社員食堂での昼食はカレー南蛮を選択した
やっぱり寒い日には鍋焼きうどんやカレー南蛮が嬉しいなぁ

今夜は習志野の練習日

2017年1月21日土曜日

妻のバーチカルアイスクライミング事始め


先週、霧積アイスエリアのアイスバーンで車がスリップし肝を冷やしたが、今回はチェーンの準備も怠りなく再訪問
何といってもアプローチが短いのが大きな魅力だし、先週の段階では発達が今一つだった右側の氷柱も、ここ数日の寒波で快適なアイスクライミングが可能になっているのではなかろうかと思った次第
昨夜、安中の別荘で仮眠したが明け方に雨が降った
林道のアイスバーンが更に発達したのではないかと心配になる
碓氷バイパスの入口周辺から圧雪状態で霧積ダムを過ぎた平坦地でチェーンを装着
霧積温泉金湯館へ向かう分岐点でスタックした車の援助を行ったりしたが、問題なく最奥エリア到着

2017年1月19日木曜日

二日酔いの木曜日 妻は最高到達点を達成



昨夜の勤務先の同期会で大酒を呑んで、夜更かしをしたので午前中は調子が悪かった
それはそうだろうと思う
15時半に勤務が終わって幕張のビルを出た JRで品川駅に到着したのは17時前
同期会は18時半からなので1時間半もある
それならば幕張のオフィスでのんびりしたらいいのではないか?と普通は思うであろう
ところが、そうは問屋が卸さない
エントランスのゲートを通過する時にICカードでゲートを開けるが、その時刻が記録されており、不自然な退勤はサービス残業をしているのでないかとチェックが入る
先ごろ電通が過酷な残業により悲惨な事件が起こったが、オフィスにおけるサービス残業はICカードの記録で知ることができる
たとえ風呂敷残業をしても現代の仕事の流儀はネットの活用なしには困難なので会社支給のパソコンであれば通信記録から、ある程度のことは推測できるだろう
そのような事情があって、時間調整の為にオフィスにとどまることもはばかられるのである

で、持て余した一時間半をどうするか・・・
同期会への時間つなぎの為の0次会が行われることになる
それは品川の天狗で行われ四人でそれぞれハイボールを5杯も呑んだ
そして同期会で更に呑んだ しかも帰りの「特急しおさい」で角水割りを呑む
翌日である今朝、調子が悪いのは当然ですね

夜は印西
妻が最高到達点を達成

2017年1月18日水曜日

勤務先の1980年同期会で大酒を呑んでしまった


新卒は130名ほどだったのではないかと思う
あれから37年
家業を継いだり、親の介護の為に退職するなど苦しい選択を強いられたメンバーもいる
今夜は45名が集った
先週の土曜日に急逝して不参加となった人もいるし、脳梗塞から復帰した人もいる
集まった45人のうち、2割は若々しく、6割はそれなり、残りの2割はヨボヨボだ

印西や習志野の体育館でインドアクライミングをしているメンバーには75歳を超えている人も少なくない
そんな人たちに比べると還暦の私など、まだまだ若造だと思う

一年後の再会を約束して別れた

2017年1月17日火曜日

がん検診・週末の準備・今年初めての習志野


職場で、半ば義務付けられているがん検診
毎年のことだが、年度末も近い3月に入ってからキヤノン健康保険組合指定の施設に予約を入れようとすると、大方は予約一杯で、思うような検診を受けることができない
仕事始めの後、同じ定年再雇用のKさんががん検診を受けるために休暇をとった
これで気が付いた 早く検診の予約をしなければならないと
すぐに予約をいれたが施設によってはすでに3月末まで一杯という状態だったが、津田沼の奏の杜クリニックの予約が取れた
申し込んだのは胸部CTと胃の内視鏡