2018年2月18日日曜日

オリンピック金メダルに沸いた土日


この土日は日本山岳救助機構の講習会のテキスト執筆に頑張った
近くの児童公園で写真の再撮影をいくつか行ったが風が強く寒さが身に染みた
その結果、本日おおかた原案までこぎつけた
これから修正に多くの時間と手間がかかることだろうが、なんとかめどが立ってほっとした
そんな中で昨日土曜日は13時半頃からチョンピャンオリンピックに釘付けになった
というのも期待の羽生結弦のフィギュアスケートがあったからだ
羽生は見事に金メダルを獲得した

そして今夜
19時から妻と印西で登り、帰宅の車のラジオで小平奈緒のスピードスケート500mの実況に耳を澄ませた
金メダルだった

2018年2月16日金曜日

チーズタッカルビってなんだ!

チーズタッカルビという料理を知ったのは職場の女子からで、新大久保で女子会をして食べたと写真を見せてもらいました
数週間前に社員食堂のメニュー予告にA定食「チーズタッカルビ」が掲載されていました
提供日は2月16日とされており、それは本日でした
ヨシ! 食べてみよう

2018年2月15日木曜日

ふきのとうの天ぷらが、すっかり春めいた事を教えてくれた


天気予報の通り、昨日より更に暖かい日になった
木綿のTシャツにボタンダウン、それにウールのカーディガンを着て、上着にマムートのソフトシェルを着て出勤したが、少し厚着が過ぎたようで、いつものように速足で歩いていると汗ばんでしまった
日曜日にジェットボイルをコンクリートの床に落としてプラスチックのボトムカバーが割れてしまったので電話で発注した 1250円也
今年もヨセミテへ行けるといいなと思いながらエルキャピタンの諸ルートのトポを日々ながめているが、ポーターレッジが欲しいところだ ポーターレッジがあれば毎日楽園のような睡眠を得ることができるのは間違いなしだが、フライシートを含めると10㎏から15㎏の重量になるし、価格も二人用では15万円近くになることもあり悩ましいところだ

2018年2月14日水曜日

我が家のバレンタインデー



今日は灰の水曜日
しまった・・・今年もソテツの葉を教会に持って行くのを忘れた
今夜は代々木で所用があって帰宅が22時近くになった

2018年2月12日月曜日

飯野観音


昨日は西印旛沼15.7㎞を一周したが、今日は午後から飯野観音・湖畔荘周回コース9.3㎞へ行ってみた
このコースは佐倉高校山岳部時代に部活で利用していたコースの一つで長い石段が二つあるという、山岳部員にとってはうってつけのものだった
45年を経て同じ石段を妻と登る
風が強く寒い一日だった

2018年2月11日日曜日

久しぶりに印旛沼一周

昨日から三連休
ガイドの仕事も入っていないので、通常ならプライベートなクライミング三昧というところだが、今回ばかりは2月23日に予定されている日本山岳救助機構(JRO)の講習会のオリジナルテキストの作成に専念すべきだろうと思っていた
昨日は全体の構成を組み立てた これが最も重要で労力が必要なところだ
今日は、午前中は母とカトリック西千葉教会でのミサに与るべく自宅を出た そろそろ西千葉教会に到着しようかという頃に母が「靴が片方しかない」と言い出した 裸足で玄関から車まで歩くわけはないので、そんなことはなかろうという
車に乗り込むときに片方の靴が脱げて、それに気が付かないままに発車したらしい
私も教会のボランティアがあるので遅刻する訳にもいかない どうしようかと思っていると母はポリ袋を足に履いてミサに与るという ポリ袋でミサに与るのはさすがにいかがなものかということになったが車に積んである靴の中で母が履けそうなのは、妻のスポルティバネパールEVOだけ 結局、母はミサに与ることを諦め、駐車場の車の中で待つことになった

2018年2月9日金曜日

1980年同期会



今夜は1980年入社の同期会だった
役員になった連中を除いて今年の3月末で同期の全てが定年をむかえるので、今回が最後の同期会かと思いきや、今後も継続して行われるとのことで、すでに日程も毎年2月の第二金曜日と決まっているらしい
人生100年と最近言われ始めているので、60歳代前半の私たちはまだまだ若いと言えるのだろうが、物故者のほかに深刻な大病の療養中というメンバーもいて、来年の再会が叶わぬかもしれないなどと心配になったりもする

2018年2月8日木曜日

印西の外気温5℃・・・少し寒気も緩んだかも


今日もほぼ快晴の朝をむかえた
寒いと言えば確かに寒いが数日前の寒気に比べると緩んだような感じがする
昼食時に社員食堂からアクアラインや筑波山は見えたが丹沢の山々は雲に隠れて見えなかった
職場ではゲラゲラ笑うようなハプニングもあったりして、それがまた楽しくもある
今夜は印西なので15時31分に職場のゲートをICカードで開けて、一目散にJR幕張駅へと急いだ
やはり暖かい
しっかりと汗ばんでしまった

2018年2月7日水曜日

虹、筑波山、アクアライン

最高気温がひとけた台の日々が続いている
朝から澄んだ青空だったので勤務先のビルの24階から筑波山が良く見えるだろうと思い写真機を持って出勤した
昼食の時に社員食堂からはいつもよりくっきりと東京湾アクアラインが見え、丹沢の山々まで大きく見えた
食後24階まで行ってトイレの窓から筑波山を見た
はっきりと見えた 近くに見えた
本当は一眼レフを三脚に据えて望遠レンズで撮影したいくらいだが仕方がない

2018年2月6日火曜日

長袖シャツで登って丁度よい寒さ・・・


寒い日が続く
今日も勤務先のビルから筑波山が良く見えた
福井では1000台以上の車が国道8号線で立ち往生になり自衛隊へ救出要請がでるほどの豪雪になったという
昭和56年以来の豪雪だとテレビでは報じられていた
このような状況下で剱岳に入山している人がいるとすれば、それは地獄だろう
そんなことを考えながら帰宅し、妻と息子の三人で印西へ向かった

クライミングを40年以上も続けていると故障もそれなりに経験する
数週間前から右ひじに力が入らなくなった 全方向に力が入らないのでなく引きつけはできるがペットボトルをもち上げることはできない あるいはシェービングフォームを右手で顔に塗ることができない
そういう状態なのでクリップの為にロープをたぐることができない

2018年2月4日日曜日

千葉県ユース選手権、写真撮影、殺人事件など・・・


今夜の印西は19時から21時の予定なので、午前中から筑波山に登って帰りがけに印西で登りたいなぁと考えていたが、今月23日に予定されている日本山岳救助機構の講習会のオリジナルテキスト用の写真撮影もしなければならない これを後回しにすると先々痛い目に会うことになりそうだ
そこで筑波山へ行くことは控えることにした
今朝はいつまでも布団の中でぬくぬくとしていた
ベッドから抜け出て寒いリビングのストーブに点火しスマホでニュースを見ると四街道で殺人事件があったという
しかも我が家のすぐ近くで、20歳の大学生が被害者で父親が容疑者と推測されるような報道内容だった
心が痛む事件だ

午後から近くの児童公園で動画を含めていくつかのロープワークの撮影を行った
撮影後自宅に戻り、風呂に入ってさっぱり
息子も風呂に入ったようで、「これから一緒に印西へ行くか?」と問うと「これから出かける」とのこと
日曜日の夕方に出かけるとは珍しい話なので理由を訊くと大谷監督と一緒の重要な任務らしい

15時半に自宅を出て印西へと向かった

2018年2月1日木曜日

照明が消灯した今夜の印西

昨夜は我が家のベランダから皆既月食を見ることができた
それは赤黒く不気味なものでインパクトが強かった
古代の人が、この月を見たらそこに神秘的なものを感じたであろうと思った

さて、今日の話
天気予報では木曜日から金曜日にかけて南岸低気圧がやってくると報じている
朝からどんよりとした曇り空で、日差しがないせいか寒さを感じた
勤務先からの帰りの時刻にはみぞれがぱらついており、家に帰り着くとGORE-TEXのハードシェルに雪がついていた
今日の印西は19時からなので18時に妻と出発した
みぞれは雨にかわっており路面状態は良好だが、クライミングを終える頃には雪模様になっているかもしれないと思いながら運転した

2018年1月30日火曜日

印西個人利用 失くしたCanonPowerShot D20


土日の沼田も寒かったが、今朝の千葉も寒かった 重ね着をしてBlackDiamondの手袋をして出勤した
勤務先から今日も筑波山が見えた
今夜の印西は個人利用が可能だ
18時に川口さんと印西で合流する約束になっている 風邪気味の妻を残し、息子と印西へと向かった
川口さんと息子と私の3人で18時から登り始めたが、19時になっても誰もやってこない 結局20時まで3人で貸し切り状態で登り続けた
息子は7本、私は6本を登って20時に終了 1週間ぶりの印西だったせいか体の切れが悪かった

2018年1月28日日曜日

私は沼田でアイスクライミング、妻子は印西でインドアクライミング

金曜日は会社を休んだ 七割方はズル休みだが、風邪で会社を休むのは数年ぶりだ
それで昨日は稲毛まで妻に送ってもらい4時34分発の電車に乗って沼田に向かった
沼田山岳会の合宿所にお世話になって今日、沼田発16時10分の電車で帰宅した 高崎で小田原行きに乗り換えて、グリーン車で酒を飲みながらゆっくり帰宅した
四街道駅まで迎えに来てもらうと、息子が運転していて後部座席に妻が座っている
今夜の印西市松山下公園総合体育館の定例練習会は17時から19時だったので、その帰宅途上だという

2018年1月25日木曜日

妻は印西


14時を過ぎる頃から頭痛がしてきた みっともないくらいに鼻水が止まらない
次女がクリスマスプレゼントしてくれたネックウォーマーを一日中していた
帰宅は徒歩をやめてバスに乗った 今夜は印西クライミングの練習日だけれど行かないでおとなしくしていないと土日に寝込んでしまうかもしれない
「おとうさん、うたた寝するんじゃないよ」と言い残して妻は一人で印西へ向かった
ホットカーペットの上に寝転がってうとうとしていたら22時近くになって印西から妻が帰宅した

勤務先のビルから眺める東京湾アクアライン&筑波山



今朝の気温氷点下6.4℃
東京都心でも-4℃で48年ぶりの低温だと報じられている
前回東京都心で-4℃以下になった日を調べてみると1970年1月17日だという
私は中学2年生の三学期で、まだ山登りは知らなかったけれど1969年の夏休みに藤森君や俵君たちと信州の上諏訪と原村にある藤森君のご両親の実家にお世話になって八ヶ岳の美濃戸へ行った
この年には大阪万博があって修学旅行で訪れたことを思い出す
そして翌1971年4月に佐倉高校へ入学し、ついに山登りの世界へとのめり込んでいったのだった
一口に48年前と言ってもピンとこないが、こうしてその頃自分がどうしていたのかを思い返してみると、世相すらも脳裏に浮かぶ

2018年1月23日火曜日

蝋梅、紅梅も凍り付いた朝をむかえました



通勤途上の雪景色を目当てにカメラを持って家を出た
いやぁ~つもったなぁ
ショートゲイターが欲しくなるような積雪に驚く
子供たちは大喜びだろう
庭の蝋梅や紅梅にも雪が凍り付いている
列車の遅れは懸念したほどでもなく、通常通り出社することができた
数日前から印西市松山下公園総合体育館の個人利用ができることが分かっていたので、妻と息子の三人で行くことになっている
急ぎ足で帰宅し、すぐに家を出た

2018年1月22日月曜日

千葉岳連OB会新年の集いは大雪に見舞われました


千葉岳連OB会の新年の集いがあるというのに、大雪の予報が出ていた
お昼頃の千葉市内の1時間ごとの予報では雨は夕方頃みぞれに変わり深夜になって湿雪というものだった この通りであれば積雪もほとんどなく交通機関への影響も限定的なものになるだろうと、推測していた
ところが、14時頃から雪に変わり、15時半頃には本格的な降雪となった
新年の集いの会場はいつもの京成津田沼駅近くの「たか丸」 開始時刻は17時からだが16時に到着してしまった 雪は激しく降っている 近所の店でハイボールを呑んで暇をつぶした

2018年1月21日日曜日

霜もよく見ると美しいものですね


昨日は夕食の後に「峠の湯」まで行って温泉につかった
雪が全くなかったから、往復できた
路面に雪はなくても除雪された雪が路肩に少し残っていたりするけれども、それもない
厳冬期用のシュラフは暖かくぐっすり眠ることができた
起床して外に出てみると、外に放り出してあったアイスクライミング用のギアに霜が降りていた

2018年1月20日土曜日

今日も目一杯遊びほうけました

妻のクライミング
 夕方16時近くまで登り続けました
夕食はすき焼き
食後は峠の湯へ行って汗を流しました
明日は午前中に登って帰宅予定です

2018年1月18日木曜日

砂田、岩崎・・・筑波山でビバークしない?

筑波山から見る東京スカイツリー


今日、職場でちょっとした治具を作ったところ処理速度と品質が飛躍的に向上した
こういう日は気分がいい
南風が入って気温が上がり、しかも昨夜は雨だったから湿度が高いせいで、いつもなら15階の社員食堂の窓からは東京湾アクアラインを遠くに望むことができるけれど、今日はみえなかった
19時から印西市フリークライミング協会の定例練習会なので、いつもより足早にJR幕張駅へと歩いたが、久しぶりに汗ばんだ
息子の運転で自宅をでた

印西市松山下公園総合体育館には女性3名、男性12名の15名が揃った

2018年1月14日日曜日

4時間枠だったが5本でノックアウト


8時に起床
昨日の筑波山の筋肉痛は全くないが、印西の7トライの鈍い疲労感が指先と前腕に残っている
今日は母が調子が悪いというので、一人でカトリック西千葉教会のミサに向かった
ミサに与ってからボランティアの当番をこなして12時半頃に帰宅
髪の毛がだいぶ伸びてそろそろ散髪したいと十日ほど前から思っていたので散髪屋をのぞいてみたら満員で1時間以上待たなければならないようだったので散髪はあきらめた
今日は印西市フリークライミング協会の定例練習会が17時から21時まで実施される 4時間枠なので昨日2時間で7トライだったことを考えると10本は楽勝ではないかと期待しながら16時に印西へ向かって妻と自宅を出た

2018年1月13日土曜日

筑波山に登って印西の壁を登る・・・最高!




金曜日の夕方に出発してアイスに行くつもりだったが、息子が哲史君と御岳ボルダーに出かけ、帰宅が21時を過ぎそうだという連絡があったのでアイスは中止にした
それで、妻と二人で定番の筑紫湖からの筑波山に切り替えた
しかも印西市の施設予約空き状況のサイトをチェックしてみると、土曜日は急なキャンセルがあったようで17時から21時まで団体予約が入っていない
これは施設利用認定者であれば個人利用ができるということである
筑波山の標高差820mの筑紫湖コースを往復し、帰りがけに印西市松山下公園総合体育館で思う存分クライミングをするという理想的な休日を実現する絶好の機会だ

2018年1月11日木曜日

2018年印西インドアクライミング初め


2週間ぶりの印西の夜を過ごした
これだけインドアクライミング施設が発達した現在でもクライミングにおける2週間のブランクというのは頻繁に発生する
息子にとっては長期の合宿登山だったりするし、私にとっては海外登山などが典型的なものになると思う
現役だったら仕事が忙しかったり、出張が続いたりすることが原因になることも少なくないだろう

2018年1月8日月曜日

八ヶ岳の三日間


1月6日~8日の三連休で八ヶ岳へ行ってきた
初日1/6は赤岳鉱泉へ入って、午後から裏同心ルンゼでアイゼン歩行と滑落停止の指導
赤岳鉱泉ではいつも二階の部屋があてがわれるが、今回の赤岳の間はベッドの部屋で、暖房がききすぎており寝苦しいほどに暑かった
この日200人の宿泊があったというが、都岳連関連の知り合いがたくさん来ていた
二日目1/7は大同心稜から硫黄岳へ周回

2018年1月4日木曜日

年末年始休暇の過ごし方


福岡県と大分県の県境に山国川が流れ、屏風のように広がる八面山を近くに望む肥沃な扇状地に中津市の市街地が広がっている
その市街地から八面山に向かって30分ほどタクシーを走らせたところに私の生まれ故郷である「賀来」という小さな集落がある

父が遺してくれた土地の多くは賀来の集落の昔からの知り合いに貸しているが、耕作していただいている方々もすでに高齢化し、ご子息たちも都会へ出たり、北九州の企業に勤めたりして農業の継続が困難な状況になりつつある
だから年に一度は中津に帰省し、菓子折りをもって挨拶に廻る

2017年12月27日水曜日

2017年印西クライミング納めの夜


昨日は風邪気味で悪化を心配したが、印西から帰宅してお風呂であったまって、ぐっすり眠ったのでどうやら乗り切ったようだ
今朝出勤時の気温は-2℃
強い冬型の気圧配置になって風は強いが、次女のクリスマスプレゼントのネックウォーマーが暖かい

今日は印西市フリークライミング協会の定例練習おさめの日

2017年12月26日火曜日

親子三人で師走の印西を登る


低気圧が北上して発達し東北や北海道では大荒れの天候となっていると天気予報が報じている
1500mの-6℃ラインが伊豆諸島付近まで達するということなので、防寒対策を万全にして家を出たが拍子抜けするほどあたたかな朝だった それは一昨日、次女からクリスマスプレゼントとしてもらったネックウォーマーのせいだったのかもしれない
起床した時から鼻水が止まらず、体がだるい 風邪をひいてしまったのかも
今夜は印西市松山下公園総合体育館で印西市フリークライミング協会の定例練習会に妻と息子の三人で行く予定だが、無理をすると風邪をこじらせてしまうかもしれないと思った
結局行くことにしたが1~2本登って早めに帰宅しようという腹積もりだった

2017年12月24日日曜日

降誕祭 夜半のミサ


キリスト教の暦は日没で日付が替わると幸田神父様に教えてもらったことがある
今日は12月24日
今年は日曜日と重なったこともあり、カトリック西千葉教会での降誕祭の17時からのミサに与った
母と妻の三人でカトリック西千葉教会へ向かった

2017年12月23日土曜日

印西クライミング体験会

寒い朝をむかえた
いつまでも布団にもぐっていたいような朝だった
年末年始は息子と大分へ帰省してお宮の下の杉林が荒れ放題になっているとの苦情があったので、これを伐採する予定である
その為チェーンソーを二台で作業した方が効率的だろうと一台を買い増すために印西のジョイフル本田へ立ち寄った
立ち寄ったという表現を用いたのは、今日は13時30分から印西市主催の体験クライミング教室が松山下公園総合体育館で開催されるからである

2017年12月21日木曜日

寒い日には体を動かすとぽかぽかです


暖冬続きで12月は暖かい年が20年近く続いたが今年の冬は寒さが早い
今週、極道仲間が足尾に偵察に入ったがそこそこ結氷し始めているとのこと
アイススクリューを埋めるほどには発達していないのでトップロープでのクライミングで遊んだとの報告があった
そういえば先週、森鐵彌さんが新治不動もそろそろ登れると言っていた
今月初めに日大山岳部の初冬合宿にコーチとして八方尾根に入った息子の話ではプローブが底につかないほどの積雪だったという
昨年も雪が多かったから二年連続の雪の多い冬山になるのかもしれない

そのような様子だから今朝も寒かった
夕方になって印西へ向かう頃には日もとっぷりと暮れて一段と寒さを感じた

2017年12月17日日曜日

猛烈な寒波で震えあがった二子山中央稜


先週に引き続き今週も二子山
印西のメンバー2人にマルチピッチクライミングの手ほどきをする為に二子山中央稜へ行った
印西の強烈な前傾壁を日々登っている2人なので本来なら弓状で登ったほうがぴったりくるのだけれども、是非マルチピッチを・・・ということで私にとって10回目の中央稜へ向かうことになった
先週の経験から凍結した林道が心配だったので、昨日息子に手伝ってもらいスタッドレスタイヤへの交換を行い、念のためにチェーンもラッゲージスペースに積み込んだ
朝6時に千葉北IC近くで待ち合わせた

2017年12月14日木曜日

ほとんどスリップしなかったそうである


出勤時に車の温度計を見たら今シーズン初めて氷点下になっていた
-0.3℃
昨夜は日本アルパインガイド協会の忘年会で帰宅時刻が0時だった
そのせいか起床した時にはなんとなく調子が悪かった
それでもいつもの通りJR幕張駅から時速6㎞で足早に歩いていると体も温まり爽快な気分になった
妻も数日前から風邪をひいて調子が悪い マスクをして咳き込んでいる
今夜は印西市フリークライミング協会の定例練習日
妻に「行ける?」と問うたところ「もちろん行く」との返事だった

2017年12月10日日曜日

妻は土日と印西 息子は後立山 私は二子山

西岳直登ルート
まるでクライミングルートのようだ

都岳連加盟のある山岳会と二子山へ行った
二子山で何をするのか詳しくは聞いていなかったが、クランポンが装備表の中にあった
一応ガイド用の装備一式にクランポンを加えてザックに詰め込んだ
新宿6時50分集合出発
四街道駅5時20分の始発電車に乗れば何とか間に合う
ところが起きたのは5時15分
目覚まし時計をセットするのを忘れたのだ
5分で支度をして妻に車で送ってもらうにしても間に合わない

2017年12月7日木曜日

寒くなりました 息子は後立山へ


今週に入って少し気温が下がった
昨日は出勤時に車のフロントグラスが凍り付き車の気温計は-0.3℃を表示していた
今朝は霜は降りていなかったが2℃
JR幕張駅から時速6㎞で歩いてオフィスに到着すると汗ばんでおり暑い
そんな状況なのでOBの私としては現役を少しからかってみたくなる
「今日は暑いね これも地球温暖化のせいなんだろうね・・・」
こんなたわけた私の言葉にも現役社員たちは

2017年12月6日水曜日

山岳クライミングの基礎技術机上講習会

今夜、印西市フリークライミング協会のメンバーに机上講習会を行った
対象範囲は山岳クライミングの基礎技術でロープテクニック部分にフォーカスして講習したけれど、それでも内容は広範囲に及び、二時間という限られた時間内ではざっくりとした説明しかできなかった
本当は実技を行って体で覚えてもらうということをしたかったが時間が足りずあきらめた
落下係数と確保理論の解説で落下係数を

2017年12月3日日曜日

千葉県山岳連盟机上講習会 完了


やっと終わった
千葉岳連机上講習会

資料を作るのにかなり労力を費やした
古い「岩と雪」を段ボール箱から引っ張り出したり、バインダーの昔の日山協の資料を探したり・・・
時間枠は3時間というので、用意したパワーポイントは95枚

2017年11月27日月曜日

千葉県山岳連盟講習会の原稿がヤバイよ~


12月3日の千葉岳連机上講習会の原稿執筆に四苦八苦している
講習会は3時間の枠があるので、色んなことを盛り込めると思って風呂敷を広げすぎた
夜な夜な原稿を作成してすでに二週間
5章構成にしているがようやく2章分の素案ができた段階である
山岳クライミングからフリークライミングを経てスポーツクライミングにたどり着くパラダイムシフトを体験した私としては、この部分にも力が入ってしまう

2017年11月16日木曜日

「元副大統領アル・ゴアの告発」は良い番組だった

西高東低の冬型の気圧配置になると報じていた通り青空が広がった
とは言えまだ11月中旬なので寒さを感じない朝をむかえた
通勤の往復ともにソフトシェルジャケットを脱いでワイシャツ一枚でいつもの通り歩いた

だが日が暮れてから少し気温が下がったようで、松山下公園総合体育館の駐車場から車の外に出ると底冷えするような寒さを感じた
19時スタートで登り始めると体が温まってむしろ暑いくらいに感じられるのが面白い
砂田も同じように感じたらしく窓を開けた
窓から流れ込んでくる冷気が火照った筋肉を冷却するようで気持ちが良い

そういえば6月以降千葉県フリークライミング協会(CFA)からのメールが届かなくなった

2017年11月14日火曜日

左壁紺×は前傾部に入ったところが悪いが、その上はもっと悪い


ベッドで強い雨音をきいたが、出勤時間帯にはやんだ
だが再び夕方から雨模様になるという
JR幕張駅に降り立つと雨が降っていたが、いつもの通りワイシャツ一枚になって傘をさしてLet's go!
何がレッツゴーなのかというと、通勤自体が山登りやクライミングのトレーニングの一部だと思っているからですね
はたから見れば気ちがいじみた歩行速度で歩いていると汗ばんでくる
登山用の軽量傘を使っているが購入して一か月もしないうちにフレームが外れてしまって具合が悪い

2017年11月12日日曜日

修学旅行のお土産


午前中は母と一緒にカトリック西千葉教会でミサに与った
小林神父のお話はいつも面白い
昼過ぎに帰宅して軽い昼食をとって装備とハードディスクの片づけをした
今夜も印西で19時から21時まで練習会があるけれど、クライミングウォールの予約状況をネットで確認してみると、いつもの通りドタキャンがあったようで13時から19時まで空いている
妻が千葉ニュータウン周辺で買い物があるというので16時半に家を出て買い物を済ませて松山下公園総合体育館に18時10分に到着 誰かいるかな?と思ったが誰もおらずクライミングウォールはセットアップされていない

2017年11月11日土曜日

フィギュアスケートNHK杯の頃


フィギュアスケートNHK杯がテレビで放映されると毎年のように思い出すことがある
それは1970年代の思い出だ
大学生になってますます危険な山登りにエスカレートしていく私
そんな私を心配した両親は「山へ行くなら学費は出さない」と言い出した
山にとりつかれていた私はこう言い返した
「学費を出さなくていいから、山へ行くことに口出ししないでもらいたい」と言って家を飛び出した
何たる親不孝者だろうか・・・
学費と生活費を稼ぐためにアルバイトをした

2017年11月9日木曜日

印西市松山下公園総合体育館は今夜もホット!


11月になったけれど、幕張駅からワイシャツ一枚で全速力で2kmを歩いていると汗ばむような陽気だ
勤務先のビルの中に入ると外の様子がわからない
昼食の時間になって社員食堂に入って快晴だということを実感した
12月3日に予定されている机上講習会の案内が千葉岳連のホームページに公開された
昨年同様、「参加料:無料 参加資格:どなたでも可」になっていた

さて、これとは別に印西市フリークライミング協会のメンバーからも講習の依頼がある
スポーツクライミングを中心に活動しているメンバーだけれど山岳クライミングへの潜在的ニーズは高いものがある
バラバラとその都度、何度も講習するのは非効率なので12月6日に机上講習会を実施することになった

2017年11月5日日曜日

過ぎたるは及ばざるがごとしだった巨大な写真

三連休最終日も良い天気に恵まれた
四街道市内でfreeWiFiのポイントを探したところ最適ポイントは駅前のセブンイレブンの前のバス停のベンチのようだ
息子は明日は湯河原幕岩へ行くので今夜のうちに出発すると準備をしている ノーズを経験してカムのセットに自信をつけたようでキャメロットをザックに入れていた
一方で私たち夫婦は夕方から印西へ向かった
今日は巨大な写真を持って行った
幅1.8m高さ5.5mのエルキャピタンノーズの写真だ

2017年11月3日金曜日

親子三人で再訪した子持山獅子岩


ヨセミテで負った傷がようやく癒えて登りたいルートがいくつかあったけれど、10月に関しては天候がそれを許してくれなかった
というのも10月は23日間雨が降ったとNHKの天気予報が報じていたほど悪天候が続いた

文化の日の三連休も天気予報は日々変わり安定していないようだ
この三連休もダメかなぁ~と思っていたが、昨夜の天気予報では少なくとも11月3日は晴れると告げている
妻も山へ行きたいという 息子に声をかけると「いいよ!」との返事
じゃぁ、行こう! どこへ行く?
私のクライミングルートの引き出しの中からチョイスしたのは「子持山獅子岩」
このルートはガイド仲間からの評価も高いもので今年の5月に森田さんや妻と登った超お薦めルート
全ピッチ息子のリードという予定で、昨夜の内にギアの整理を完了して車に積み込み就寝した

2017年11月1日水曜日

結婚記念日・・・今年も妻とクライミング

今日は結婚記念日だった
ブログを読み返してみると近年の結婚記念日は妻とクライミングをしていることがわかる
2016年は習志野市東部体育館クライミングウォール
2015年は二子山中央稜
2014年は神奈川県立山岳スポーツセンタークライミングウォール

今夜もヘルシーな夕食を摂って印西へ向かった
クライミングで体重が減るわけではないがヘルシーな食事を我慢するための動機づけにはなる