2017年10月19日木曜日

山に雪の知らせを受け取った 私は今夜も印西


先週金曜日から続いている雨は昨日いったんやんだが、今日は未明から強い雨が雨戸をたたいていた
フェイスブックでは各地の山で本格的な降雪があったとの知らせが相次いだ
今朝、ゴアテックスのパーカーを着て、足回りはゴアテックスのシューズを履いて自宅を出た
JR幕張駅からJR海浜幕張に近いオフィスまでの2㎞を足早に歩いたが、濡れもせず気温が低かったせいか汗もかかなかった
仕事はそれなりに忙しく、あっという間に昼食の時間になり、瞬く間に15時半の終業時刻を迎えた
帰宅時も雨脚は強かったが、スラックスは少々濡れたものの靴下は乾いたままだった
軽い夕食を摂って妻と印西へ向かった

2017年10月17日火曜日

砂田にビレイしてもらう幸せをかみしめた印西の夜


壁の前に立ちロープを結ぶ
そしてクライミングシューズを履く
すると誰ともなしに砂田がビレイの準備をしてくれている
砂田と山登りを始めて46年
幸せをかみしめながら今夜も登る

2017年10月15日日曜日

スピード用の壁が設置されました


かなり本格的な雨模様になったこの週末
金曜日に息子は子持山の獅子岩に行こうとしていたが中止
土日は私と瑞牆を計画していたがこれも延期
それで今日は久しぶりに幕張へ行こうと昨日の段階から予定していました
息子は残念ながら風邪をひいてしまいダウン、妻はCFAの会員ではないので登れません
仕方がないので一人で幕張まで行って、習志野の常連、印西の常連と混じって楽しく登りました
ヨシキスポーツの吉野社長から聞いて知っていたけれど、スピード用の壁を見るのは初めて
砂田に「やってみた?」と聞いたら「先月登らせてもらったけど子供に負けた」と言っておりました

2017年10月11日水曜日

妻一人で印西へ


今日の印西市フリークライミング協会の定例練習会は15時から17時でした
この時間帯ではさすがの私でも行くことはかないません
そうしたところ妻が言いました
「あたしは印西に行くから今日は家に帰ってもお父さん一人ですよ」
「・・・」

頼もしいクライミングパートナーとなった素直と乾杯


9月14日トゥオルミメドウズのキャンプグラウンド
腫れあがった指で缶ビールを持ち、素直と乾杯した
昨夏、屏風岩東壁ルンゼを一緒に登った時には彼は息子だった
だが、今は違う
信頼するに足るクライミングパートナーに成長した
東壁ルンゼを登り終った時に毎週でも東壁ルンゼを登りたいと思ったが、同じように毎月でもエルキャピタンを登りたいと思った
そんな日が再び来ることはない、あるいは彼をそんなことに巻き込んではいけないと自分に言い聞かせた

2017年10月9日月曜日

印西市スポーツフェス2017


体育の日 印西市主催の「スポーツフェス2017」というスポーツイベントが行われた
その一環としてリードクライミングとボルダリングが行われるということで、朝から岩崎の家来となって妻と二人でボランティア
朝9時に集合して9時半開始、15時終了
数限りないビレイをしたし、指導をした
妻はハーネスの装着補助
猛烈に疲れた

2017年10月5日木曜日

松山下公園総合体育館を出ると気温13度だった



ゆっくり歩く分には右足の骨折部の痛みは我慢できる程度に軽減した
出勤の時には薄いフリースを着て家をでたが丁度良かった
社員食堂での昼食も健康米の小に小鉢の組み合わせに戻し、少しづつ日常生活を取り戻しつつある
しかしながら今夜も印西で5本を登ることができたけれどフルパワーで課題に挑むレベルには至っていない
帰国してから18日が経過してこの状態というのには呆れるが、それが年齢というものなのかもしれない
だが一方では骨折した状態で登り切って心身ともに完全燃焼し真っ白な灰になったような感もある

蛍の光が流れるまで登り続けて車のエンジンをかけると外気温計は13℃を表示していた
秋が深まった

2017年10月4日水曜日

たき火が恋しい季節になりました


今夜はAGS-Jの理事会があったのでノコノコと代々木まで行ってきた もう半袖ではうすら寒い季節になった
ベルジュエールというルートがある
初登発表直後に鹿山会登攀倶楽部内で面白そうなルートだなぁということになって、大木さんや砂田たちが登りにいったことがある
どういうわけか、そのとき私は一緒に行っていない

2017年10月3日火曜日

息子に見るインドアクライミングの手順

 
まずロープを結ぶ
今夜も印西
親子三人でのこのこやってきました
今日は息子の写真を通じてインドアクライミングの登り始めの手順を再確認してみました

2017年10月1日日曜日

久々に仲間と登る印西の夜が嬉しい


午前中は母とカトリック西千葉教会へ行った
12時過ぎに帰宅
数週間も海外でクライミングをしていると時々口にする醤油や和風だしに喜びを感じることがあるが十分な準備をしているわけではないので少々フラストレーションが残ったりする
その反動かもしれないが帰国してから無性に和風だしの効いた食事に執着する自分がいる
そういうわけで今日の昼食はざる蕎麦を妻にリクエストした
妻がきざんだ薬味のネギを入れた「にんべんのつゆの素ゴールド」で食する蕎麦のおいしさは格別だった
ヨシ!来年はCamp4でこれを食べよう・・・などと思ったりする

2017年9月30日土曜日

Poop bagとChamber potの話・・・で、やっぱり骨折しておりました


今日、病院へ行ってきました
想定しておりましたが、やはり右足の小指と肋骨を骨折していました
ただ、骨折してから20日以上も経過して骨がつながりつつあるということでギプスの装着は免れましたのでクライミングは継続できそうです
さて、今夜はPoop bagとChamber potの話です
Big Wall Climbingを知らない人に今回の話をすると必ずと言っていいほど受ける質問があります
「排泄はどうしたのか?」

2017年9月28日木曜日

日常生活に戻った印西の夜


無理をすれば通勤の時にJR幕張駅から勤務先までの2kmを歩けるようになったのでクライミング再開を今夜と決めていた
あいにく今日は未明から集中豪雨に見舞われ時間当たり100mmを超える記録的な降雨となった 通勤時間帯の総武本線のダイヤは乱れに乱れオフィスまで1時間半を要した
帰宅時間帯になってもダイヤの乱れは続いていており、四街道駅まで迎えに来てくれた妻を30分以上も待たせてしまった
自宅には17時半に帰着し軽い夕食をとっていると息子も帰宅した
妻は十日ほど前に自宅の階段を踏み外して捻挫したようでクライミングシューズが履けないのでお留守番
では印西へ向かおうか

2017年9月24日日曜日

ヨセミテ備忘録

こともあろうか初日にピトンスカーにセットしたマイクロカム(C3キャメロット#000)が抜けて30フィートクラスのフォールをして恐らく右足と右肋骨を骨折した
高いテンションを懸命に維持してThe Noseを登り切ったけれどCamp4に戻ってからガックリ来た
右足首は象の足のように腫れあがってクライミングシューズは履けなくなった
いまだに痛みに身をよじっているが、次回ヨセミテへ行くときの為に、記憶が鮮明な内に備忘録をしたためておく
これからヨセミテへ行きたい人の参考にもなるだろう

■日程
2017年8月31日出国 2017年9月17日帰国
■飛行機
●予約日5月23日
全日空のサンフランシスコ国際空港(以降SFO)直行便を利用した
成田出発が17時15分、SFO到着が10時55分
SFO出発が12時15分、成田到着が15時20分
全日空のサイトで予約 息子と二人で諸費用込み263,640円
預け入れ荷物は24㎏未満のバッグを一人当たり2個可能 従って息子と二人で96㎏未満までOKということになる これとは別に客室内手荷物があるから合計100㎏を超える物資を持ち込むことが可能
ANAのeチケットに記載されている帰りのSFOのターミナルは"1"ではなく"I"なので注意 つまり第一ターミナルではなくインターナショナルターミナルという意味である 前回もひっかかった

2017年9月19日火曜日

ノーズの華 「KingSwing」



ノーズの華と言えばやはり18ピッチ目でくり広げられる「キングスイング」ではないかと思います
今回のノーズでは計画段階からキングスイングは息子の担当と決まっていました
息子がブーツフレークから15mほどロワーダウンしてスイングに入ると双眼鏡で覗いている観客たちからの歓声が聞こえました

ノーズの31ピッチの中で特徴的な部分には個性的な名前がついています
これらの名称を聴くだけで胸がドキドキするクライマーも少なくないのではないでしょうか
それを下から順番に記述すると・・・

2017年9月12日火曜日

The Nose El Capitan Yosemite CA USA


息子と二人で登ったヨセミテ・エルキャピタンのザ・ノーズ(The Nose El Capitan Yosemite)
良い思い出作りができました

数十枚の写真で振り返ってみたいと思います

2017年9月1日金曜日

8月31日 21時30分ヨセミテバレー到着

高速道路の渋滞に悩まされてとんでもない時間になってしまい疲れました
とりあえず事前予約しておいたノースパイン・キャンプグラウンドの402にテントを設営して遅い夕食
明日は早朝4時からCamp4の受付に並ぶことになります

2017年8月29日火曜日

千葉県山岳連盟OB会「暑気払い&傘寿の祝い」 妻は印西



朝は涼しかったが日中は暑かった
仕事を終えてビルを出たらむっとするような熱気におおわれた
今日は千葉岳連OB会の「暑気払い&傘寿の祝い」
山の大先輩の方々と再会できる楽しみな日である
幕張本郷から京成電鉄で京成津田沼まで出て会場である「たか丸」へ行った
16時40分頃に到着したらすでに多くの先輩方が来ていた
17時開宴
植草さん、佐藤秀有さん、金澤さん、ヨシキスポーツの吉野社長、など懐かしいメンバーとやあやあと楽しく歓談した
盛さんが入院中で不参加だったのはとても残念で心配だ
ガストンレビュファのモンブラン山群特選100コースの100番目になっているフレネイセンターピラーの冬季登攀に成功している渋谷さんは今年20年ぶりにヨーロッパアルプスに行ったという
印西のクライミング教室でご一緒した滝内さんもいる

2017年8月28日月曜日

ヨセミテ入り初日のガスカートリッジの調達


サンフランシスコ空港に10時55分に到着しレンタカーを走らせヨセミテまで4時間ほどだが、前回はバークレイのREIでガスカートリッジを調達して、しかも時差ぼけによる睡魔との闘いに負けそうになって途中で幾度となく仮眠した
マリポサの大型スーパーマーケット「パイオニアマーケット」で買い物をしたりして、結局ヨセミテに入ったのは19時半だっだ
今回はなるべく早い時間にヨセミテへ入ってのんびり夕食を作ってゆったりと疲れを癒したい
とはいえ不足のギアもあるし、可能ならREIに立ち寄りたいと思っていた
それで探してみたらヨセミテへ至る途上にREIを発見した GoogleMapを見ると大型スーパーマーケットも隣接している GoUpまでの二三日分の食材はここで調達しても良いかもしれない
良い発見だった
場所は四街道市の姉妹都市であるリバモアから少しサンフランシスコ寄りのダブリン
位置の詳細は次の通り

2017年8月27日日曜日

ヨセミテ準備に忙しかった日曜日 寝違えた妻を残し、息子と印西へ


昨、土曜日からヨセミテの準備に追われているが、少し動いただけで汗びっしょりになってしまい、作業効率はガタ落ちだ 夜も蒸し暑く寝付けずアルコで行われたワールドカップのリードを2時過ぎまで見て睡眠不足になってしまった
準備が整わない・・・・まずい
ところが今日、日曜日になって少し気温が下がり作業ははかどってなんとか準備を継続することができた
ヨーロッパの北壁クラスに比べるとヨセミテのビッグウォールに関する情報はあふれかえっている 核心部のほとんどについては詳細な記録が存在し、写真どころか動画すら存在する

2017年8月24日木曜日

肩の痛みをおさえながら登る印西で妻のクライミングに感動する


今日も蒸し暑かった
通勤の時にも汗をかくのが嫌なので幕張からバスに乗ってオフィスへむかった
帰宅のときにはバスを使わず歩いたが幕張駅で顎から汗がぽたぽたとしたたりプラットフォームを濡らした
右肩の痛みは残っているが今夜の定例練習会は何とかなりそうだ
17時に自宅に戻り、ハムと温野菜の夕食を食べて松山下公園総合体育館へ向かった
松山下公園総合体育館へ到着すると岩崎も砂田もおらず、どうしたことかと思っていたが、やがて二人ともやってきた

2017年8月22日火曜日

棘上筋を痛めたか・・・


毎朝8:55~8:59の間、職場ではキヤノン体操というのを行っているが、私だけは給湯室の幅1cm鴨居にぶら下がることにしている
今日右の棘上筋が少し痛いのに気が付いた
普段と同じような感じだったのだが、少しだけ思い当たる節がある
事前にストレッチを行っているが、これが少々乱暴だったのかもしれない
ストレッチの段階で違和感があった

少しづつだけれどもだんだん痛みは強くなってお昼過ぎには結構な痛みになった
妻と息子には「今日は17時半から印西へ行こう!」という話になっていたが断念

2017年8月21日月曜日

社員食堂が新しくなった


夏休み期間中に社員食堂がリニューアルされた
大きな変更点は支払方法
従来はプリペイド方式の磁気カードで事前支払を行っていた
今日からはSuicaによる後払いとなった 食器を下げるときにレジのような機械にトレーを乗せると食器の底(裏)に埋め込まれたICチップで金額が表示されSuicaで精算する
メニューも一部変更になった

2017年8月20日日曜日

年間200日登る我が家の日常生活に戻った日曜日


「第18回我が家の夏山合宿」の後始末は、まだ終わっていない
遊びほうけている間に庭は草ぼうぼうになっており、それを刈り取らなければならない
エンジン草刈り機を始動させようとするがエンジンがかからない ポンプが劣化してひび割れている 購入したロイヤルホームセンターへ行ったがポンプは取り寄せだという
で、取り寄せてもらうことにしたが、それに至るまで1時間を要した
修理部品の在庫を豊富に用意しているジョイフル本田で購入しなかったことを後悔した
それから都賀のタイヤガレージというお店で車のホイール交換などを行った
今日は松山下公園総合体育館で印西市フリークライミング協会の定例練習会が17時から21時まである

2017年8月19日土曜日

本日は印西市クライミング教室で汗びっしょり


今日は13時から16時まで印西市のクライミング教室のボランティア活動でした
クライミング教室は6回でワンクールになっていて今回がクールの最終回
13時に松山下公園総合体育館クライミング施設に到着してみると岩崎がいつものメンバーと準備をほぼ整えつつあった
到着した時には空調が入っておらず、猛烈に蒸し暑かった
準備の為にトップロープを3本張っただけで汗びっしょりになり、この蒸し暑さを何とかしてくれよと岩崎に要望したところ冷房のスイッチが入った
13時30分からクライミング教室スタート

2017年8月18日金曜日

第18回我が家の夏山合宿 雨の撤収


4時過ぎに起床して6時から炊飯
飯が炊けたところで妻と息子を起こす

以下を繰り返した「第18回我が家の夏山合宿」もいよいよ撤収である
・炊飯は私が行い
・おかずは息子が主体で作り、それを妻が監督、補助する
・食後は私が皿洗い

8時半頃から雨脚が強くなりびしょ濡れになりながらテントをたたんだ
5泊6日をお世話になった廻り目平キャンプ場を9時に出発
カラファテ川上店で息子のクライミングシューズを買いたいと思っていたが、まだ開いていなかったのでスルー

2017年8月17日木曜日

第18回我が家の夏山合宿 ようやく晴れた四日目


二日間続いた雨だったが、ようやく回復した
しかしながら天気予報では、明日からまた天候は悪化するようなので、つかの間の晴れ間ということらしい
この晴れ間を有効活用しようと7時半にテントを出発
カムのセット、ホーリング&ホールバックのリリース、ユマーリング
カタログ表記では静荷重250kgに耐えるとされているナイロン製4mmのパラコードが50kgのホールバッグリリース時にいとも簡単に切れた
「バスッ」という鈍い音がしてコードが破断し、スイングしながらホールバッグが落下
スタティックロープが途中のケミカルアンカーに引っかかってホールバッグのグラウンドフォールは免れた
事前に破断することが判明したことは不幸中の幸いで、リリース用コードの変更が必要になった
15時まで一つ一つ確認しながら炎天下の中を頑張った

2017年8月16日水曜日

第18回我が家の夏山合宿 三日目も雨


昨日からの雨がやまない
こんな日はベースキャンプの居住性を改善するための工夫をするのが良い
ムーンライトテントにはブルーシートをかけたので漏水は止まった
リビング用にタープを張ったが、下地が斜めになっているので居心地が悪い
テーブルを水平にするためにちょっとした工夫をしてGood!

2017年8月15日火曜日

第18回我が家の夏山合宿 二日目は雨


8月15日火曜日は未明から強い雨が降り始め、終日雨模様だった
気温は低く半袖/半ズボンでは肌寒い
ナナーズにはカラファテ川上店が今年から開店し本格的なクライミングギアが手に入るようになった 川上店限定価格が設定されているギアもあって割安である

2017年8月14日月曜日

第18回我が家の夏山合宿 小川山廻り目平にて


前日の13日の15時半に自宅を出発し夜19時半に廻り目平に到着した
夜半から本格的な降雨となった
20年を経過したムーンライトⅪは漏水が激しく難儀した
翌14日は曇り空ながら時々薄日もさすような日だった
八幡沢左岸スラブのトムと一緒の左ルートを一本づつ登り、フェニックスへ移動

2017年8月12日土曜日

四時間枠の印西壁を300円/人の使用料で10人で使用するという贅沢な夜


朝起きて朝食で谷川さんからいただいたミニトマトを食べた
本当は草刈りをする手はずだったが、なんとなく体がだるくギヤの整理などをして過ごしたあとは、パソコンに向かいInkscapeで遊んだ
夕方16時になったので松山下公園総合体育館へ妻と向かった
今夜の印西市フリークライミング協会の定例練習会は17時から21時までの4時間枠なので皆こぞってやってくるかな?と思っていたが集まったのは私たち夫婦を含めて10名

買い増したり借りたりしてとりあえず


とりあえず揃ったけど、オフセットがない
もう少し買うか・・・・
朝食に谷川さんからいただいたミニトマトを食べた

2017年8月11日金曜日

山の日に土橋さん遭難対策本部メンバーで行く納涼沢歩き


土橋さんの千葉・栃木・茨城三県合同遭難対策本部の本部長をお願いしている谷川さんから8月11日(山の日)沢歩きのお誘いをいただいた
古賀志をホームゲレンデとするクライマーで谷川さんを知らぬ人は恐らくいないと思う
カモシカハングをひょいひょい登る年配者がいれば、それは間違いなく谷川さんである
ムーブを見る限り50歳代といっても通用するかもしれない
谷川さんが主催するイベントは年に数回あるが、最近はすっかりご無沙汰で不義理を続けている
8月11日の夜は印西壁予定が入っていたが、酷暑のこの時期に納涼沢歩きも悪くないと考え、妻と二人で参加することを告げていた

2017年8月10日木曜日

十日ぶりに剱岳から帰宅した息子を加え妻と三人で印西壁を登る夜



昨日の猛暑から一転して涼しくなった
夕方、息子が剱岳から帰宅した
DフェースにしろCフェースにしろ取り付きでのベルクシュルンドの処理と下降が核心部で、ルート自体は拍子抜けするほどだという 特にDフェース富山大ルートの核心部はトポではⅤ-とされているがせいぜいⅢ級にしか感じなかったという 5.11をオンサイトするのだからそのように感じられるのかもしれない

さようなら社員食堂のミニおろしジャコ丼


明日から夏休み
その期間を利用して社員食堂がリニューアルされ決済がプリペイド磁気カードからSUICAに変更される
だがミニおろしジャコ丼が廃止されるという
従って今日の昼食が「ミニおろしジャコ丼」の最後となるので数枚の写真を撮影した

2017年8月9日水曜日

高校二年生の夏を思い出しながら印西壁を登る

今日はナガサキの日である
浦上天主堂のアンジェラスの鐘が思われる

今日は猛烈に暑い日だった
千葉は36℃、館林は38℃だったという
一方で職場は寒いくらいの冷房が効いており外の猛暑を知る由もなかった

今日は松山下公園総合体育館の個人利用を計画していて山口さん、野村さん、薮内君に妻と私を加えて5名が参加予定
15時30分が終業時刻だが15時31分にゲートをICカードで開けて幕張駅へと急いだ

2017年8月8日火曜日

誘蛾灯にさそわれたように集まった老若男女 山岳会

小学校6年生のアズサ君のクライミング
職場で良いことがあった
昨日から取り組んでいるバーコードリーダーを併用するVBAの設計が完了し、ある程度の動作確認ができた
このアプリケーションで業務品質は飛躍的に向上するし効率的な作業も可能になるから、使ってくれる現場のメンバーの喜ぶ顔が目に浮かぶ

今日は印西松山下公園総合体育館クライミング施設が個人利用可能なので数日前から印西市フリークライミング協会の掲示板に「火曜日と水曜日は印西に行きませんか」というような趣旨の掲示をしていた
その掲示が誘蛾灯のようだったとい山口さんは言う
誘蛾灯にさそわれるように11名のクライマーが印西に集まった
山口さんや梶山さん親子、町田さん親子、森川さん、千葉夫妻、そして砂田

砂田が私に要望する
「ヨセミテから帰ってきたら新しく登山部を作ってくれ」

台風5号


大荒れだという
こういう日は下山もNG
停滞ですね

2017年8月7日月曜日

土橋さん・・・あれから四年が経過した


土橋さんが北鎌尾根に消えたのは2013年8月7日だから4年が経過したことになる
8月11日に土橋さんの遭難対策本部長である谷川さんに皆で山へ行かないか?と誘われた
さながら土橋さん捜索隊の同窓会のようなメンバーが揃いそうだ
妻と参加したい

社員食堂から「健康米ミニじゃこおろし丼」154円が消えるらしい・・・・


8月11日から20日まで夏季休業だがその間に社員食堂がリニューアルされるという
今までの専用カードからSUICAに支払いが切り替わるのはありがたい
大歓迎だと思っていたら、今日社員食堂のなじみになった担当者から「リニューアル後は健康米ミニどんぶりはなくなるらしいですよ」とのショッキングな話があった

「健康米ミニじゃこおろし丼」は私の昼食の定番で普通食と低糖質食の妥協点だった
がっくり
以下の写真のメニューはそれぞれすべて計318円也

2017年8月6日日曜日

ヒロシマ原爆投下の日 妻と印西壁を登る


今日8月6日はヒロシマ原爆投下の日である 8月9日のナガサキ原爆投下の日と共に忘れることができない日である 静かに深く祈る

今日は朝から蒸し暑かった
午前中は車に積みっぱなしにしているギア類の整備をした
午後からは妻に手伝ってもらいルーフボックスを取り外し車両を三菱コルトへ持って行った
そうこうしているうちに夕方になった
今夜も印西市フリークライミング協会の定例練習会の日である これで四日連続になるが先輩「山口さん」は六日連続になる
19時からクライミングスタート

2017年8月5日土曜日

クライミング教室と妻の認定会


今日は印西市フリークライミング協会のクライミング教室が13時半から16時まであって、その後、17時から印西松山下公園総合体育館クライミングウォール利用者認定会があった
12時に妻と自宅を出発して、途中のスーパーマーケット「BigHouse」で弁当を購入して松山下公園総合体育館へ入った
今日はクライミング教室の様子を地元の印西市限定の超ローカルなケーブルTV局が取材するというのでTVカメラが入った

2017年8月4日金曜日

ハプニング後に到着した松山下公園総合体育館クライミングウォール


ここのところ天気が悪く、真夏のギラギラするような太陽は遠のき、本当に梅雨明けしたのだろうかと疑いたくなるような数日が続いている
昨日、職場で昼休みに先月のヨーロッパの写真をプロジェクタで大型スクリーンに投影して皆に見せた
ただ写真を見せるだけでは芸がないので個人でヨーロッパへ行くときのノウハウなどをパワーポイントでプレゼンテーション風にまとめて説明したら好評だった
写真はオンラインアルバムにいったんアップロードしたものをパワーポイント上にリンクをはった
今日は「そのオンラインアルバムのURLを教えてほしい」とのリクエストがあったので、参加者にメールで配信した
今日は松山下公園総合体育館クライミングウォールが個人利用できそうなので、数日前から行く予定にしていた
だけれども個人利用には利用認定者が2名以上必要という規定になっている
私と息子は認定者だが妻は認定者ではない 息子が不在なのでもう一人誰か行く人はいないかな?と思案していたら山口さんが来てくれることになった

2017年8月3日木曜日

妻の十日ぶりのクライミング


ここ数日涼しい日が続いているが昨夜、妻が札幌から帰ってきた
子供が実家に帰ってくるだけで、それは親孝行なことだと思うが、妻は親孝行できたのだろうか
妻が不在の状況下でも息子が料理と皿洗いをしてくれたし、洗濯までもしてくれたので大いに助かった
昨日は青木さんからザイオンが入荷したとの連絡があったので仕事が終わってからヨシキスポーツへ立ち寄ってホールバックを受け取って帰宅した
軽い夕食を摂ってから成田空港まで妻を迎えに行った
自宅から成田空港まで高速道路を23kmなので30分で行くことができる
妻は札幌で八剣山と空沼岳を登ったという
家に帰り着いて「明日からクライミング三昧の日々がつづくよ」とカレンダーを見せる

2017年8月1日火曜日

個人利用の印西で青木さんをまじえて登る


今日は昼頃から雨になるというので大きな蝙蝠傘をもって勤務先へ向かった
曇り空だが湿度が高く蒸し暑い
オフィスに到着して着替える
?と思う人もいるかもしれないが、現在の職場ではユニフォームがあってそれに着替えるのである ユニフォームと言っても大げさなものではなくポロシャツである
ポロシャツは高機能繊維で作られたものでそれなりに快適である
ところが大きな問題がある

2017年7月31日月曜日

ショートスパッツ 息子は日大山岳部夏山合宿で剱岳へ


モンベルのストレッチ素材のショートスパッツを気に入っていたら、ENSA教官のブルーノが同じものを使っていた
で、息子にも薦めたら「じゃあ使ってみるか」ということになって土曜日に買いに行ったが、あいにくLサイズの在庫がなく調達をあきらめた

2017年7月29日土曜日

妻の空沼岳、印西市松山下公園総合体育館のシャワー、ヨシキスポーツ、焼きトウモロコシ


昨日は北海道石狩地方も雨模様だった
妻は空沼岳を往復すると言っていたが、空模様が気になって時々気象庁の「高解像度降水ナウキャスト」をチェックしていた
夕方17時半になって下山連絡があった やはり、終日雨だったという

そして今日
今日は9時から13時の予定で印西市フリークライミング協会の定例練習会が計画されている 朝8時に息子の運転で自宅を出発 印西市松山下公園総合体育館へ向かった
さっそく空調を入れてもらい快適な環境でたっぷりとクライミングを楽しんだ
砂田と一緒に登ったが、岩崎は仕事で不在

2017年7月27日木曜日

一変して涼しい一日だった

昨日は梅雨前線が再び南下して関東地方にかかり、かなり強い雨が降った
そして今日はどんよりとした曇り空の涼しい一日となった
通勤時の歩行速度を少し上げることができた
社員食堂では最近イワーノフさんと食べることが多い 15年位前まで同じ職場で住まいも同じ四街道だったから、一緒に成田エクスプレスに乗って帰宅したりしていた仲だ
そんな時は決まったように缶ビールを飲みながら昔話などして楽しいひと時を過ごしたものだった
夕方はいつもの通り印西へ行った 岩崎と砂田もやってきた

2017年7月25日火曜日

曇り気温32℃湿度88% 空調を入れてもらった今夜の印西壁


これ以上、不快な日はないというほど蒸し暑い日だった 強い陽ざしがあればそれなりに納得もするけれど、今日は曇り空 曇り空で気温と湿度が高いという最悪の蒸し暑さだった

一昨日から妻が札幌へ里帰りをしているので食事は息子が作ってくれる
皿洗いなども息子がしてくれた
今日は授業がないとのことで、駅への送迎や母のクリニックへの送迎などをしてもらった

帰宅の時も駅まで息子に迎えに来てもらい、帰宅してからざる蕎麦を食べた
今夜は印西市フリークライミング協会の練習日である 17時半に息子の運転で印西壁へと向かった

2017年7月24日月曜日

2017年7月23日日曜日

親子三人で印西壁、妻の利用認定会申し込み

妻の黄色四角
クロスで核心部の甘いホールドをとった瞬間

父親と母親と息子という家族の趣味が一致しているのでクライミングは日常生活の一部といってもいいかもしれない
夕食時の家族の会話も「例のホールドは下から見るとガバに見えるけど実際にはがっかりするよね」ということになりがちだ
印西壁を根城にしているクライマーは30名ほどいるが、この2年間に限って言えば利用回数の多さでは印西市フリークライミング協会の会長である岩崎を抑えて私がナンバーワンで二番手は妻ではなかろうか
今夜も親子三人で印西へと車を走らせた
8月5日に印西壁クライミング施設利用認定会がある 印西市フリークライミング協会の会員になっている妻だが、まだ利用認定を受けていない すでに息子は利用認定者だが、妻が認定を受けると妻と私の二人で個人利用ができるようになる この意味は大きい