2017年2月11日土曜日

早春の扇山スノーハイク

撮影:松嶋 紘臣



定年退職してそろそろ1年が経過する
定年再雇用で働いているとは言え時短勤務で15時半にはフリーになるからクライミングを中心とした生活をおくれるようになった
そんな私をかつての職場のメンバーが定期的にハイキングに誘ってくれる
つくづく幸せなことだと思う
そんなお誘いのハイキングが実施された今日
場所は中央線沿線のメジャーコース扇山
昨日夕方に予約していたタクシー会社から連絡があって「雪が強く降っていて明日の朝に車を出せない」との連絡があった
どうやらそれなりの積雪があるようだ


そして今朝
5時10分、まだ真っ暗な中を四街道駅へと自宅を出た
5時44分発の快速電車に乗車 東京・高尾で乗り換えて集合場所の鳥沢駅へと向かう
高尾を過ぎると雪景色が広がっていた
鳥沢駅には8時38分到着
すでに参加メンバーは先着しており合流
本来の計画ではタクシーで犬目まで行く予定だったが、積雪を考慮して鳥沢駅から梨の木平経由の往復に変更
8時50分に鳥沢駅を出発
扇山への道しるべに沿って住宅街の小道を歩いていくが、周囲の木々は雪化粧をまとって美しい 歩き始めて20分ほど経過したところで衣服調整の休憩 やがて舗装道路を歩いて梨の木平に到着 梨の木平にはトイレがあり休憩 ベンチ用の丸太には雪が積もっている
ここからしばらくは杉木立の中を登る 雪も深くなり風が吹くと杉の枝からバラバラと雪が落ちてくる
杉の植林地帯をしばらく登るとしっかりとした水場があるので十分な飲料水の補充が可能
雪はますます深くなって大久保のコルに到着
右に進み、11時50分に扇山の山頂に到着した
こんな雪の日だというのに10人ほどのハイカーが休憩している
私たちも適当なところに陣取って昼食をとった
私たち夫婦はいつもの鍋焼きうどん
それぞれに昼食を楽しみ12時30分に下山開始
さすがに下りは順調で梨の木平には13時20分到着
ここで湯を沸かし30分ほどゆっくりとコーヒーなどを飲んで休む
14時50分に鳥沢駅帰着
高尾まで行って15時半から反省会をして解散
楽しい一日だった

撮影:松嶋 紘臣

撮影:松嶋 紘臣

撮影:松嶋 紘臣

撮影:松嶋 紘臣

撮影:松嶋 紘臣





撮影:松嶋 紘臣




0 件のコメント:

コメントを投稿