2017年8月11日金曜日

山の日に土橋さん遭難対策本部メンバーで行く納涼沢歩き


土橋さんの千葉・栃木・茨城三県合同遭難対策本部の本部長をお願いしている谷川さんから8月11日(山の日)沢歩きのお誘いをいただいた
古賀志をホームゲレンデとするクライマーで谷川さんを知らぬ人は恐らくいないと思う
カモシカハングをひょいひょい登る年配者がいれば、それは間違いなく谷川さんである
ムーブを見る限り50歳代といっても通用するかもしれない
谷川さんが主催するイベントは年に数回あるが、最近はすっかりご無沙汰で不義理を続けている
8月11日の夜は印西壁予定が入っていたが、酷暑のこの時期に納涼沢歩きも悪くないと考え、妻と二人で参加することを告げていた

しかしながら直前になって山の日の天候は芳しくないと天気予報は報じているのでこれは中止になるだろうから山の日も印西壁かな?と思っていたら、私の懸念を振り払うように谷川さんからメールが着信した
曰く「雨天決行」
昨夜は印西壁から早めに帰宅し、今朝3時半起床 4時に自宅を出発した
あいにく雨が降っている それも小雨ではなく本格的な降雨である
印西から取手を経由して294へ入り、二宮からは30年近く前に上田さんから教えてもらった古賀志へ向かう「クライマーの獣道」をたどって鹿沼のすき屋で朝食
7時40分に集合場所のフォレスト大芦に到着
少し霧雨が舞っているが路面は乾いている
メンバーは
谷川さん、上田さん、川崎さん、三好さん、尾崎さん、宮崎さんの極道メンバーに運動神経抜群の大和撫子でアマゾネス的な女子3名、そして私たち夫婦を加え総勢11名
2パーティーに分かれ、私たちのパーティーは大芦ヒュッテから入渓
泳いだり、登ったり、堰堤を高巻いたりしながら二時間ほど遡行しどんづまりの巨大堰堤で行く手を阻まれた
上田さんが右の上部がハングになっている悪いルンゼを突破し、林道へ這い上がって終了 林道をちんたら歩きながら大芦ヒュッテへ戻り、車で香楽荘へ向かった
やがて全員が香楽荘に集合し昼食タイム
調理師の免許を持っている谷川さんが料理をふるまってくれる
川面さんからの差し入れの大きなスイカをお腹一杯食べたが、こんなにたくさんのスイカを食べるのは小学生の夏休み以来かもしれない
帰りがけに安藤さんが5年前に発見した岩場を案内してもらった
今のところ訪れるのは身内のクライマーだけということなので、気ままに登ることのできる楽園である
「妻と息子と私の三人で登ってもいいですか?」と尋ねたところ「もちろん!」ということで楽しみなことだ
この岩場は初心者に対する懸垂下降やレスキューの講習にも最適なロケーションで、開拓が一段落したらガイド講習の場として使わせてもらえればありがたい
トラック数  1/ポイント数  152
 平面距離   3.6km/沿面距離   3.9km/記録時間    02:49:25
 最低高度   606m/最高高度   803m/累計高度(+) 465m/累計高度(-) 508m
 平均速度    1.4km/h/最高速度    9.8km/h 
消費カロリー 898kcal














0 件のコメント:

コメントを投稿